4221人を門前払い 国公立大の2次試験中後期日程(産経新聞)

 文部科学省は5日、国公立大入試2次試験の中・後期日程で、大学入試センター試験の成績で受験生を門前払いする「2段階選抜」の不合格者が、昨年より694人多い4221人だったと発表した。東大は3月23日に発表するため含まれていない。

 前期日程を含めた2段階選抜の不合格者は昨年より986人多い延べ7143人だった。中・後期日程で2段階選抜を予告していた国立31大学85学部、公立14大学26学部のうち、実施したのは国立19大学26学部、公立5大学5学部だった。出願校すべてで2次試験に合格できなかったのは昨年より95人多い1792人だった。

【関連記事】
判定ミスで6人を追加合格 横浜の鶴見大
大学入試センターに質問書 つくる会 
センター試験15科目で平均点下がる
センター試験の受験者は52万600人
センター試験 ミスの発端は信州大の試験監督者

社民党議員が都内の朝鮮学校を視察 授業料無償化めぐる問題(産経新聞)
「アトピーに効く」エタノール混ぜ販売容疑(読売新聞)
<気象庁長期予報>春の訪れ早い見込み(毎日新聞)
JR運休、20万人影響 尼崎で信号機トラブル(産経新聞)
<鳩山首相>「小沢氏と説明責任で合意」予算審議で明かす(毎日新聞)
[PR]
by zrbkffiark | 2010-03-06 23:12


<< 有床診療所の評価「実質引き上げ... <犯人隠避>3容疑者を逮捕 G... >>