評価結果を業者に通知=公共事業入札で改善策−前原国交相(時事通信)

 前原誠司国土交通相は5日の閣議後記者会見で、価格だけでなく技術力も勘案して落札業者を決める総合評価方式の入札制度の改善策を発表した。審査の透明性を高めるため、技術提案の評価結果を入札参加企業に通知することなどが柱で、2010年度の国直轄公共事業の入札から実施する。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実

因縁の「菅・林」対決 菅氏、経済教科書「10ページだけ読んだ」(産経新聞)
<大津波>警報、注意報すべて解除 気象庁(毎日新聞)
受験生「感謝したい人」 先生より母親(産経新聞)
財団収入の9割超が公金、仕分け対象の公算 「スプリング8」運営法人(産経新聞)
「議員政策研」設置を決定=参院選公約も提言−民主(時事通信)
[PR]
by zrbkffiark | 2010-03-10 02:34


<< エスカレーター歩くなキケン!!... 有床診療所の評価「実質引き上げ... >>