「アングラ」文化の歌手 浅川マキさん急死(産経新聞)

 「かもめ」などの曲で団塊の世代を中心に支持された歌手の浅川マキ(あさかわ・まき)さんが17日夜、滞在先の名古屋市中区のホテルで倒れているのが見つかり、搬送先の病院で亡くなった。67歳だった。死因は急性心不全。葬儀は近親者のみで行う。

 愛知県警によると、浅川さんは同日午後7時半から名古屋市のライブハウスで公演予定だったが、姿を現さず滞在先のホテルの浴室で倒れていた。

 石川県出身。昭和43年、寺山修司さん演出の東京・新宿の地下劇場「蠍座(さそりざ)」一人舞台で注目を集め、45年に「浅川マキの世界」でアルバムデビュー。黒ずくめの服で歌うスタイルで、1970年代の「アングラ」文化の担い手として支持された。代表曲に「東京挽歌(ばんか)」「夜が明けたら」など。

「施設は本当に足りないのか?」―小規模多機能連絡会・川原代表(医療介護CBニュース)
<著作権法>新聞協会が反対意見書 2次利用緩和に(毎日新聞)
小沢氏の国会招致に消極的=鳩山首相(時事通信)
豊麗なる和のビーナス 聖林寺の十一面観音 (産経新聞)
<教師刺殺>卒業24年後の事件で因果関係認める…甲府地裁(毎日新聞)
[PR]
by zrbkffiark | 2010-01-26 20:58


<< 訪問介護、初回加算も医療費控除... バイク集団追跡のパトカー衝突、... >>